第17回 当事者研究全国交流集会 九州大会 開催!

第17回 当事者研究全国交流集会 九州大会 オンライン開催決定!

◆イベント概要◆

日時:2020年10月3日(土) 10時~17時半
会場:オンライン会議室ZOOM(気分は九州・佐賀)
参加費:3,000円

〈プログラム〉
10:00  開会
10:10  当事者研究の歴史と取り組み
10:30  口頭発表
12:00  (休憩)
13:00  5つの分科会のゲスト紹介&トークセッション
14:00  分科会
16:00  チャット交流会(休憩)
16:30  全体交流会・総括
17:30  閉会

北海道浦河べてるの家の全面協力を得て九州初開催!!

毎年、べてるの家や各主要都市で開催されてきた、当事者研究全国交流集会。
今年は、なんと!九州初上陸!!と思ったら、コロナウイルスの襲来により開催中止の危機に。
もうこれは仕方がない…。協議の結果、オンライン開催に乗り出すことになりました。
はい。第17回 当事者研究全国交流集会・九州大会をオンラインで開催します。

コロナ時代の大規模オンラインチャリティーイベント!

このオンラインイベントはチャリティーです。
皆さんからいただいた参加費より経費を差し引いた額を全額、浦河べてるの家等の福祉団体へ寄付します。
大会スローガンは「探さんば~」(※九州地方の方言で「探さなきゃ」の意)に「佐賀」をかけて、佐賀大学を会場に開催を企画してきました。
佐賀大学も九州も、オンラインなら全然関係なくなってしまったけれど、それがどうした?九州大会。
コロナウイルスにより生み出された、私たちの苦労も、ともに「研究しよう!

大会テーマ

「持続」も「再現」も不可能!? 探さんば~!!愉快な苦労の羅針盤

福岡に、べてるの家のような町を創りたい。
それぞれの苦労を抱えた多様な人々が、有機的につながり支え合うコミュニティを…。
そんな想いを抱えて10年も不完全燃焼…。立ち上がる黒い煙で視界は悪く、息苦しい。
そして迎える史上初の九州大会!来年以降も続くのか?べてるは再現できるのか?
考え出せばきりがない。「持続」も「再現」も不可能?
いいや、そんなことよりも、もっと大事なこと。

それは、「苦労の羅針盤」を探すこと。

苦労の当事者が、ともに苦労を出し合い、対話する。
そこから生まれる「言葉たち」。
対話によって磨き抜かれた「言葉たち」が、羅針盤となり、私たちの進む道を照らしだす。
「苦労の羅針盤」を携えて、今日も私は空を飛ぶ。
自らの腕に力を込めて、人生の舵を切るために。

日常生活の些細な苦労から、人生の大きな苦労まで、「自分自身で、ともに」研究する、当事者研究。
そして、当事者研究全国交流集会は、日本全国、海外からも、苦労の当事者が集まる貴重な場です。

こっそり人の苦労をのぞいてみたい方も!
ただ、ただ、誰かに聞いてもらいたい方も!
仲間と語らい、研究したい方も!
仲間の前で研究発表してみたい方も!

奮ってご参加下さい。

★★★「苦労の羅針盤」を見つけるための5つの分科会★★★

☆出演者募集中!(ご希望の方はお問い合わせフォームから)

『学校改造計画』
〜生徒と先生が”ホンネ”で話す当事者研究〜

学校がしんどいのは、生徒はもちろん、先生の側でも切実になってきている。生徒も先生もフラットに対話できる場をつくりたい。先生が率先して「しんどさ」を開示したらどうなるだろう。先生も生徒も、自他尊重の対話を越えて浮上する「学校改造計画」のゆくえを追う。
☆ファシリテーター:安本志帆(みんなのてつがくCLAFA代表)&ヒカルくん
★話題提供者:斎藤眞人さん(立花高等学校 校長) 他数名

当事者研究のはじめ方・続け方
~オンラインにおける当事者研究の工夫と苦労〜

さまざまな場に「ともに研究する」というスタイルで、つながりの場を開拓してきた当事者研究。その活動にとってSNSは、新たな可能性と苦労をもたらしてきた。そこでは、「SNS誤作動」という現象も注目されている。皆さんの経験(苦労したこと、上手くいったこと)を持ち寄り交流する。
☆ファシリテーター:向谷地生良 (浦河べてるの家・理事)
★話題提供者:大矢英明さん (『他人事メソッド』開発者)

新・働き方改革「職場でまた浮いちゃった…」
~はたらく私の当事者研究~

排他的な日本社会で、発達障害やLGBTの存在をきっかけにして、「そもそも、一人一人が違う存在なのだ」と認識され始めている。心理的安全性の高い職場づくりと「機嫌よく」はたらくための実践について対話する。
☆ファシリテーター:小松道則 (ふくおか当事者研究会)
★話題提供者:南部紀子さん (保育園・園長)
中島雅登さん (トランスジェンダー当事者)

「自粛・心地よいソーシャルディスタンスを探究せよ!」
~コロナ時代の家族のための当事者研究~

2020年「外出自粛」を余儀なくされてDVなど家庭での苦労の多い年となった。感染症予防におけるソーシャルディスタンスが叫ばれ、人とのつながりが絶たれる一方で、外出自粛で大切な人との物理的距離が近くなった。最適な心理的距離と境界線が曖昧になりがちな「大切な人との関係性」。独特の苦しさをまとうコロナ問題と家族の苦労に焦点を当てる。
☆ファシリテーター:岩﨑 茜 (ふくおか当事者研究会・代表)
★話題提供者:川村敏明 (浦河ひがし町診療所・院長)
浦河べてるの家コミュニティの方等

「ステイホームと言われても…」
~どこにも居場所のない私の当事者研究~

「ホームレス」と言えば公園や河川敷に住んでいる人たちをイメージする方は多いだろう。しかし、一方で見えないホームレスが存在する。ネカフェ難民や家に居場所のない子供。様々な事情で職を失い、親の年金で生活している中年が突然家を失う例などある。家があり寝食に困らない人であっても、心理的な居場所を失っている人は多く存在する。
居場所(ホーム)のない人々もそうでない人も、ともに対話する場としたい。
☆ファシリテーター:高山京子 (当事者研究・ちたの会)
★話題提供者:奥田知志さん (NPO法人抱樸)
居場所のない苦労の当事者等

 

☆☆☆2020九州大会記念Tシャツを着てイベントに参加しよう!☆☆☆

大会記念Tシャツを販売しています。Tシャツは、皆さんのお申込みを受けて作成します。
サイズも色も選択していただけますが、ご希望のTシャツの在庫が欠品する場合があります。
その際にはご希望に近いサイズのもの、場合によっては他の色で準備させていただくことがございます。

★お申し込みはこちらから!(peatixイベントページにジャンプします)
サイズが選べる申し込み締め切りは8/28まで!(これ以降は在庫がなくなり次第終了)

チラシチラシ
(クリックで拡大)
PDFダウンロードはこちら↓↓

《苦労の研究者になろう、 ひとりの苦労がみんなの宝になる》

当事者研究とは、当事者みずからが主体となって自身の苦労を研究的に解き明かしていくスタイルの自助活動です。

タイトルとURLをコピーしました