当事者研究活動団体のご紹介

あなたの周りで当事者研究をしている団体をご紹介します!

→掲載希望の団体様はこちら

社会福祉法人浦河べてるの家

べてるねっと | べてるの家の情報サイト
べてるねっと

当事者研究について

当事者研究について
~ 当事者研究とは -当事者研究の理念と構成- ~向谷地生良(北海道医療大学、浦河べてるの家)● 当事者研究とは「当事者研究」は、北海道浦河町における「べてるの家」をはじめとする起業をベースとした統合失調症などをかかえた当事者活動や暮らしの

九州

【ふくおか当事者研究会】

生きづらさの種類や障害にこだわらず、一般の方に参加していただける当事者研究グループです。精神障害の方を中心に、生きづらさや悩みを抱える医師や看護師、教員などの支援職の方も多く参加され、フラットな立場で研究する場となっています。

■対象者: 苦労を抱える当事者ならどなたでも。

■代表者 岩崎 茜
■連絡先:
住所 福岡市南区井尻1-10-11コーポプリンス205号
TEL  080-5284-4384
メール tojishakenkyufk@gmail.com
■当事者研究会の案内:
参加費500円(資料・お茶菓子代)で月2回開催している。
日程は前月末にフェイスブックにて告知。
https://ja-jp.facebook.com/tojishakenkyufk/

【福祉サービス事業所 利生院】

主に精神障害者を対象とする生活訓練の事業所です。日中の居場所であると共に、様々なプログラム(クッキング、コミュニケーション、英会話、ヨガ等)を開催しており、そのうち月2回は当事者研究も実施しています。

〈活動内容〉クッキング、お菓子作り、当事者研究、コミュニケーションプログラム、書道教室、英会話、パステル教室、ヨガ教室など

〈対象者〉主に精神障害者を対象とした事業所の利用者。

〈事業所情報〉
法人名/株式会社でかぬーて
所在地/〒814-0011 福岡県福岡市早良区高取1-26-59
施設長/坂口雅彦
電話/092-407-3415
FAX/092-407-3417
ホームページ/http://dekanuute.fukuoka.jp/
メール/rishouin@dekanuute.fukuoka.jp
開所時間/昼の部:月~金(10時~15時)、土(10時~13時)夜の部:月、水、金(16時~18時)

医療法人共助会 三州病院

◆活動内容:当院ではデイナイトケアの活動で当事者研究を行っています。定期的に浦河べてるの家の皆さんとも交流させていただいています。
◆対象者:デイナイトケア利用者
◆連絡先:〒891-1205 鹿児島県鹿児島市犬迫町7783番地1
TEL 099-238-0075  E-mail sansyu-dc@sansyu-hp.jp
http://sansyu-hp.jp

中国地方

【広島当事者研究会】

◆活動内容:毎月、原則第三土曜日に開催しています13時~16時。
◆対象者:不問。
◆連絡先:〒720-0046 広島県福山市今町1-18天尚堂ビル2階
代表者・長崎和則 TEL 080-4264-0994
E-mail Hiroshima_touken@socialwork-jp.com
■ホームページ
https://www.facebook.com/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%BD%93%E4%BA%8B%E8%80%85%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-296364300449738

近畿地方

支援の当事者研究会 わやの湯

◆活動内容:2か月に一度、大阪の京阪土居駅から歩いて10分の所で当事者研究やってます。コロナになってからはZOOMで実施中。
◆対象者:だれかを支援する、支援される、ということについて考えたい人 (よく聞かれますが支援職じゃなくても全然OK!)
◆連絡先:気になる方はFacebookで「わやの湯」を検索&西川に連絡ください。

NPO法人大阪スタタリングプロジェクト

◆活動内容:1966年、どもる人のセルフグループとして設立。吃音を否定するのではなく、上手につき合うことを目指す。2007年から「吃音の当事者研究」を行っている。
◆対象者:どもる成人(どもらない人も歓迎)
◆連絡先:TEL/FAX  072-820-8244(伊藤伸二)
〒583-0012 大阪府藤井寺市道明寺5-2-5(東野晃之)
http://www.osaka-kitsuon.com/

就労継続支援B型事業所ぴあ・訪問看護ステーションぴあぴあ・ぴあクリニック

◆活動内容:就Bぴあは、1階の “ぴあキッチン” という店舗でランチ営業しています。2階は “ちくちくクラブ” で小物などの製作と内職作業をし、販売しています。毎週木曜日にぴあクリニックで当事者研究を行っています。出張当事者研究もやっています。
◆対象者:当事者研究は誰でも自由に参加OKです。予約などは要りません。
※コロナの影響により現在は外部からの参加は受けつけておりません。
◆連絡先:〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1丁目17-22 プレミアム菱屋西1F
ぴあクリニック(近鉄大阪線長瀬駅すぐ)
TEL  06-6729-3440

〈中部地方〉

三重当事者研究会(べてる研究会・通称「べてけん」)

◆活動内容:月に1~2度ほど開催してましたが、コロナ禍で物理的に集まることを中断してまする。オンラインも検討中。わいわいガヤガヤ当事者研究を行います。
◆対象者:当事者性があれば、つまりは苦労の主人公の自覚があれば、誰でもオッケー。
◆連絡先:FacebookにてKanae Kashimotoで検索し、パンダアイコンに参加希望の旨をよろです。

当事者研究・ちたの会

◆活動内容:知多市の活動支援センターふるぼで、原則毎週土曜日の午前10時~12時に当事者研究会を開催しています。
◆対象者:「自分自身で、ともに」の理念を大切に活動しています。仲間の力を借りて自分を助けたい、と思っておられる方なら、どうぞお出かけください!
◆連絡先:〒478-0064愛知県知多市新知台2-9-21 活動支援センターふるぼ
TEL 0562-85-1185  FAX 0562-85-1183
E-mail yukkuri@bmail.plala.or.jp

共存共生共依存の会(きょうきょうの会)

◆活動内容:私たちは「自分の病気に気づけない」という病をもっている、てごわい人たちです。「えーっ‼私が当事者だったの?」常連メンバーのショーゲキの発言に一同大笑いしました。知多市のふるぼで月1回開催しています(土曜日か日曜日の午後1時半~4時頃)。
◆対象者:精神の問題を抱え生きづらくなっている娘、息子、きょうだいとともに暮らすうちに具合が悪くなってしまった「家族」。
◆連絡先:〒478-0064愛知県知多市新知台2-9-21 活動支援センターふるぼ
TEL 0562-85-1185  FAX 0562-85-1183

名古屋支援者当事者研究会

◆活動内容:名古屋で月に1度(日曜日)ほど集まり、苦労を語り研究しています。支援者としての苦労を棚卸しし、生活や仕事をしていく上で気持ちを楽にしていけるようなつながりの場を目指しています。
◆対象者:支援職、支援者、支援をしていると思っている人。健常者、当事者は問いません。
◆連絡先:Facebookから「名古屋支援者当事者研究会」で検索!
日程をお知らせしていますので、いつでも遊びに来てください。
E-mail inafukushipart@gmail.com (稲月)
noriko398@gmail.com  (南部)

〈関東地方〉

就労継続支援B型 Base Camp

◆活動内容:Base Campの当事者研究では、ホワイトボードにイラストにすることをはじめ、実際にからだを動かして場面を再現してみたり(カチンコを使ってます)、最近ではエピソードをラップにしてみたり(YO! YO!)、いろんなことを実験中です。さまざまなイベント(最近はオンラインイベント)を開催しています。デイケアやグループホーム、大学の授業などへの出張活動もメンバーの仕事の一環として行っております。
◆対象者:基本的にはBase Campの利用者が対象です。各種イベントはオープンに開催しておりますので詳しくはホームページをご覧くださいませ。
◆連絡先:〒171-0043 東京都豊島区要町3-22-10 星野館ビル401

  (ホームページにお問い合わせフォームもあります)

 

◎関東地方には、他にも多くの当事者研究の実践団体があります。
にもかかわらず、九州の実行委員会とのつながりが薄く、関東圏の皆様に掲載情報の確認を取り付けることができませんでした。ご紹介できず申し訳ありません。

 

〈北海道地方〉

札幌なかまの杜クリニック

◆活動内容:外来診療、デイケア、訪問看護などでの当事者研究やその理念を大切にした医療をさまざまなチカラを持つ『なかま』と共に目指しています。
◆対象者:どなたでも。
◆連絡先:〒064-0822 北海道札幌市中央区北二条西20丁目1-28 報恩ビル2階
TEL 011-688-5753
http://nakamanomori.com/

Supporter’s  Anonymous (SupAの会)

◆活動内容:月1回開催。体調気分の確認。「SupAの会支援者の回復への8つのステップ」を輪読したのち、テーマを決定する。そのテーマに沿って言いっぱなし、聞きっぱなし。そこから、賛同するものや似た体験を持っている場合はそれを分かち合い膨らましていく。最後に、各々の感想を述べる。
◆対象者:当事者を自覚する支援者は all welcome!主に札幌・千歳の医師、看護師、心理士、ソーシャルワーカー、大学院生、看護大教員が参加している。
◆連絡先:TEL 070-1640-0134
E-mail h.nakamura@nfield.co.jp
株式会社 N・フィールド 中村創(なかむらはじめ)

さっぽろ若者応援ネットワーク

◆活動内容:さっぽろ若者応援ネットワークは、苦労を抱える若者、若者を応援したいと思う方々が気軽に参加して、仲間と経験交流をしながら、自分たちの生きやすさを生み出す場です。現在のところ、毎月1回(たいてい月末の土日)に「札幌市 若者支援施設 Youth+(ユースプラス)」にて開催しています。
毎年の初旬に、若者当事者研究交流集会として、今年度の分科会でもご紹介いただいている「学校改造計画」を行っています。
◆対象者:札幌または近郊の都市で苦労を抱える若者と、若者を応援したいと思う方々
◆連絡先:E-mail  wakamono_ouen_net@yahoo.co.jp

降りてゆくラジオ

◆活動内容:札幌市ローカルFM 周波数 77.6 MHz。毎週火曜日 19:00 -20:00に研究および放送活動を実験しています。活動目的は、当事者研究・浦河べてる・北海道医療大学・福祉と医療などの語り合いの普及やPR、および市内および近郊のイベントアナウンスです。苦労・経験を語りたい人や学生さん達が集って語らい、それを通してリスナーの方の語りを開いていただいています。
◆対象者:札幌市内にて FM 放送を聴ける方、また国内・海外からPC・スマホにてご視聴いただける方、およびご連絡の上でスタジオまでご見学いただける方。
◆連絡先:ori@776.fm  皆様からのお便り、お待ちしています。

江別若者応援ネットワーク

◆活動内容:江別若者応援ネットワークは、苦労を抱える若者、若者を応援したいと思う方々が気軽に参加して、仲間と経験交流をしながら、自分たちの生きやすさを生み出す場です。
◆対象者:若者、保護者、若者を応援したいと思っている方。
◆連絡先:080-5583-4473 (山田)

小樽当事者研究会「たるとの会」

◆活動内容:たるとの会は、北海道小樽市にあります。さまざまな「生きづらさ」を持つ仲間とともに当事者研究を通じた「つながりの場」をつくる活動をしています。月に1度の当事者研究ミーティングでは、みんなで苦労を持ち寄ってわいわいがやがや研究しています。開催場所、日時、研究内容などはホームページをご覧ください。
◆対象者:生きづらさを抱えている方
◆連絡先:E-mail tarutonokai@yahoo.co.jp
http://tarutonokai.wp.xdomain.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました